勝連のワイトゥイ


april 29th sun.2018

10年ぶりかな勝連のワイトゥイ。勝連20キロウォーキング以来かな。
記憶はあいまいだったんだけどナビであたりをつけてそちらに向かったらついた。
手前に広い道ができていたけど、ナビじゃなかったら間違ったかも。




ワイトゥイは、岩を割って取ったという意味。
正式には比殿(ヒドゥン)農道と言う。かつては村民は急崖の山道を上り下りしていたが、彼らの苦難を解消するため、岩山をトゥングェー(金鍬)とカニガラ(石割棒)など人力だけで150mもくりぬき、1932年から3年の歳月を費やして完成したんだそうだ。

そか、人が掘ったのかぁ。
天然の景色なのかと思っていたけど、そうだったんだ。
琵琶湖の西野水道を思い出したなぁ。

この場所はやっぱりいいな。今もこの上に道があるんだろうか?
どこからか登ってみたい気にもなるな。


うるま市・金武・宜野座の情報マップおきぐるマップ




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です