レストラン・ラトリエできびまる豚


oct.20th sat. 2018

今回のモアイは、泊にある初めてのフレンチレストラン・ラトリエ(L’atelier)にて。

ここのオーナーの島袋氏はあの落合シェフの弟子でもあり、先日の情熱大陸で放映されていたので楽しみだ。




今回は、お手軽な5000円のコースをあらかじめオーダーしておいた。

スペシャルでも8000円とかなりお手頃プライスの店のようだ。

ワインもいいけど、まずはビール。
オリオンの小瓶が600円。ギネスの黒は750円とリーズナブルだ。
よく冷えているし、グラスもオシャレ。

前菜は黄金(くがに)芋やさまざまな県産野菜のクワンソウや白いゴーヤーやレバーのサラダ風。皿と盛り付けが素晴らしいなぁ。

 

粒マスタードやバジルやバルサミコのソースが敷かれている。

見る角度によって姿が変わるから、思わず回しながらシャッターを切った。

もっといろいろと写真を撮りたくなる一品だけど、それより食べよう(^ ^

なんというか、ねっとり柔らかな食感もあり、渾然一体となりなんとも美味い。
ちょっと不思議な感覚の一皿

生姜やクミンなどいろんなハーブのミネストローネ。
とても具沢山だけど、少しもくどいことはなくて絶妙に美味い(^ ^
こんなミネストローネは初めてかも。


メインはきびまる豚
ちなみにメインは金額をプラスするともとぶ牛のホホ肉やイチボにしたりもできる。
仔羊にもひかれたけど、初めてだし今回はきびまる豚にしてみた。

おお、これは美味い!
さっくり、しっとりでまるで豚じゃないような食感。
絶妙な火の入り方だけど、低温調理なんだろうか?

甘みのある塩味のソースにフレッシュな胡椒がよくあう。渋めの赤ワインがあいそうだけど、今回はギネスで。これもいいな。

つけあわせの野菜も美味い。
ジンジャーリリーは初めて。

これに合わせてでてきたパンは外はシャキシャキっとしていて中はとてもしっとりふっくらですごく美味い。

いくらでも食べれそうな感じ。

シメのデザートでまたビックリ!

マンゴーのプディング、パインのシャーベット、島バナナのケーキに、黒糖のガトーショコラにジーマミのトッピング。

いづれも個性的でこつぶながらとても美味い。島バナナのこってり濃厚さが印象的だった。

コーヒーもしっかりした味。
カップにたっぷりでシメにぴったり。

飲み物いれても6500円ほどはなんとリーズナブルでお値打ちだ。
また近々来ようっと。
島袋シェフごちそうさまでした。ありがとう。

レストラン ラトリエ (L’atelier)
住所:那覇市上之屋1-10-3 エレガンスコーポフェリーチェ2階
電話:098-862-8167 営業:18:00-23:00(ラストオーダー22:30) 定休:月曜

脳が喜ぶブランディング・脳科学マーケティング100の心理技術





那覇市全域の情報マップおきぐるマップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です