新潟長野の物産展でしんじょと〆張鶴とIMA


oct.17th the.2018

前日から始まったリウボウの新潟長野の物産展へ昼前にやってきた。



なんだか魅力的なものが満載だ。

いろいろ買いたいものはあるけど、まずは混まないうちに
新潟越後十日町へぎそば処小嶋屋へ。

へぎの語源は「はぐ」「へぐ」からのなまりで、剥ぎ板を表し、そばを盛りつける木製の四角い容器のこと。その「へぎ」にそばを一口大に盛りつけたものが、へぎそばなんだそうだ。

天ぷら蕎麦と思い、そば天ぷら御前をオーダー。

出てきたのを見てびっくり。申し訳程度の蕎麦にご飯たっぷり??
そか、へきそばと天ぷらを別々に注文しないといけないのか・・
写真もないし。帰るときには入り口のメニューにご飯付きとの表示が追加されていたから間違う人が多かったんだろうな。

 

まぁ、それはともかく麺は柔らかく弾力がある。
ツルツルして喉越しはいいけど、コシとかはないから単に伸びてるだけか?
調べて見たらつなぎに使っている海藻(ふのり)のせいなのかな?
まぁ、これは好みの問題だからな。

わさびじゃなく、辛子がついてきたけど、

そこではワサビがとれなかったことと、海藻つなぎのそばにはカラシの風味がピッタリだという理由からだそうだ。悪くないけどやっぱり私はワサビがいいな(^ ^

天ぷらはまぁ普通。でも、天ざるはサンエーの和風亭の方が美味いかも。ってっことで持ち帰りの蕎麦を買うつもりだったけど今回は中止。まぁ、物産展とかだと仕方ないのかもね。地元で食べて見たい。

食べたあとはあちこちを見て回った。お目当のものは売り切れてなかった(^ ^
漬物とかわさび漬にもシャケとかにも心動いたけど塩がちょっと強すぎだった。


買いすぎないように注意したけどそれでも5500円くらい。
竹徳かまぼこの煮卵と海老しんじょうにたから寿司のあぶらあげ巻寿司。
ちょっと味見してみた〆張鶴純もいけるし、牡蠣のための清酒のIMAも楽しみ。
佐藤豆腐店の栃尾あぶらあげと信州・鬼無里いろは堂のおやきも買った。

ところで、しんじょとは、魚のすり身に山芋と卵白を混ぜて調理したもの 。
かまぼこは魚のすり身に卵白を合わせたもの。
はんぺんは魚のすり身に山芋を入れたもの。なんだそうだ。知らなかったな。

煮卵しんじょも海老も美味いし、あぶらあげ巻寿司もいけるなぁ(^ ^

生牡蠣を買って来てIMAを飲むのが楽しみだ。
この物産展は10/24まで。

新潟長野の物産展




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です