桜・コスモス・ホウオウボク


jan.3rd wed.2018

ふてんま公園から裏道を通りユニオンへ抜けて安谷屋の方へ抜け大回りして自宅までウォーキング、帰宅は16:50 あったかだなぁ。


桜の木を見上げてもよく見ないと花には気づかないかも。

よく見るとあちらこちらに桜の花と蕾が膨らみ出している。

桜が咲き始めようとしている時にコスモスが満開なのは沖縄ならでは。

場所によってはヒマワリも咲いていたりする。桜満開の時期に一緒ににコスモスとヒマワリの競演。

歩いていると色とりどりのランタナやナスタチウムもあちこちにある。

ブーゲンビレアもいろんな色で楽しませてくれる。でも実際の花はいわゆる花の中央部にある小さな3つの白い部分。

鮮やかな色は花を取り巻く葉(包葉)のことで、通常3枚もしくは6枚。

ホウオウボクの実が下がっている。
英語ではフレームツリーとか呼ばれるように赤い花が咲く火炎樹の実。

実は落ちる時は割れてしまっているので、木に下がっている時に取ってから乾燥させないといけないけど、背が高いのでなかなか取れない。

今回は壁沿の枝をひっぱって2つゲット。これを乾燥させるとシャカシャカを音を奏でる楽器になる(^ ^





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です